銅像ハンターtaguttiの銅像ハンティング記

銅像好きがこじれて10数年。日本中の銅像ハンティングは続きます…

高知県編 その4

坂本龍馬像8~10>

 場所:高知市上町2丁目6−33 龍馬の生まれたまち記念館 ほか

 撮影:2012年1月8日(電話ボックス上だけ2001年2月10日)

 説明:龍馬の生誕地付近には、多くの龍馬像が存在する。「龍馬の生まれたまち記念館」入り口にFRP像。館内に龍馬像が1体。「龍馬の生まれたまち記念館」は、「龍馬の人間形成の基盤となる家族やまちを紹介し、さまざまな困難を乗り越え、近代国家へ尽力した龍馬を顕彰するため、2004年3月誕生地・上町に開館いたしました。展示館機能と公民館機能を合わせ持つ、全国的にも珍しい施設となっております。 展示館では当時のまちの様子や歴史、龍馬誕生から脱藩まで少年時代を中心に映像や模型などでわかりやすく紹介しています。」(「龍馬の生まれたまち記念館」サイトより)とあり、また地域のウォーキングツアーもある施設です。

f:id:tagutti:20180410232000j:plainf:id:tagutti:20180410232017j:plain

 さらに龍馬と近藤長次郎像(2011年建設。左が龍馬、右が長次郎。一緒に紹介していますが2体は建設時期が別で、龍馬像は2010年。いずれも実物大だそう)。近藤長次郎は、高知出身で饅頭屋のせがれ。幼くして優秀で山内容堂から苗字帯刀を許され、神戸海軍操練所に入った。坂本龍馬とは仲良く、一緒に長崎で亀山社中を創ったが、社中の盟約を破ったとして切腹させられた人物。その際龍馬は不在で、事態を知ると長次郎の死を悼んだとされる。

f:id:tagutti:20180410232138j:plain

坂本龍馬像11~13> 

記念館から南に1つ通りを下がって、東に行くと「龍馬郵便局」(高知市上町1丁目8−18)。局の入り口にFRP像が1体、ポスト上に地球を後ろに従えた像(これもFRPか?)が1体いる。

f:id:tagutti:20180410232225j:plainf:id:tagutti:20180410232552j:plain

  ※1:2001年に撮影した、龍馬生誕地付近の電話ボックス上のものですが、電話ボックスはあるものの、上の部分は現存しないようです(Googleストリートビュー《=2017年撮影》で確認)。一応掲載しておきます。

f:id:tagutti:20180410232622j:plain