銅像ハンターtaguttiの銅像ハンティング記

銅像好きがこじれて10数年。日本中の銅像ハンティングは続きます…

高知県編 その22

野村茂久馬  (1870<明治2>年~1960<昭和35>年)
 近代の実業家。「土佐の交通王」と呼ばれ、高知県の開運・陸運に貢献した。高知県交通の前身である「野村組交通部」の創設者。浦戸港の整備、高知鉄道・土佐商船の設立などに力を尽くす。昭和初期に本四連絡橋神戸・鳴門ルートの構想を持つなど、先見性にも優れていた。桂浜の坂本龍馬像建設にも協力した。

f:id:tagutti:20180613222816j:plain

<野村茂久馬像>
場所:丸の内緑地公園(高知市丸ノ内1-2-1)
竣工: 1949(昭和24)年9月
像高:
作者:
撮影時: 2012.1.8
説明:正直言ってあまり記憶にない。浜口雄幸の同級生とか、力の入り方が違う。銅像となってもかなり頑固そうな顔をしている。