銅像ハンターtaguttiの銅像ハンティング記

銅像好きがこじれて10数年。日本中の銅像ハンティングは続きます…

佐賀県編 その4

〇原口忠次郎  (1889~1976)

 官僚・政治家。小城郡芦刈町(現小城市)生まれ。戦前は内務省の土木出張所長などを務め、戦後神戸市助役を経て、1948年に参議院議員(1期)、1949年から神戸市長を5期務めた。ポートアイランドの埋め立て、その土砂を削った跡地をニュータウン化(鶴甲・渦森台など)し、神戸高速鉄道、さんちか(地下街)などの整備をおこなった。  

f:id:tagutti:20190727114700j:plain

<原口忠次郎像>

場所:小城市芦刈地域交流センター「あしばる」(小城市芦刈町三王崎349)

竣工: 1977年3月

像高:

作者: ㈱ヒロカネ

撮影時: 2019年5月31日

説明:像の立っている場所は、小城市に統合した旧芦刈町役場跡。像は駐車場を入ってすぐ左にいる。

  

香月熊雄  (1916~1995)

 官僚、政治家。杵島郡白石町生まれ。佐賀県庁に努め、副知事を経て、1979年に佐賀県知事(3期)。在任中に吉野ケ里遺跡が見つかり、遺跡の保存を決めている。 

f:id:tagutti:20190727114749j:plain

 <香月熊雄像>

場所:国本会館(杵島郡白石町大字廿治二本杉1620-1)

竣工: 1995年10月

像高:

作者: 古賀義治

撮影時: 2019年5月31日

説明:立っている国本会館は、佐賀農業高校の同窓会館。同校の門前にある。香月は同校の卒業生である。ただ施設はやや荒れていて、寂しい感じがした。

 

〇久野二一  (1908~?)

 政治家。杵島郡有明町牛屋(現白石町)生まれ。農協の組合長などを経て、佐賀県議会議員を12年間務めた。

f:id:tagutti:20190727114833j:plain

<久野二一像>

場所:JAさが白石中央支所(杵島郡白石町大字遠江183-1)

竣工: 1990年7月

像高:

作者: 古賀義治

撮影時:2019年5月31日

説明:ストリ-トビューでヒロ男爵の指摘に従い、農協の各支所を眺めていて発見した像。支所の建物玄関前に立つ。

 

和泉式部  (978頃~没年不詳)

 平安時代中期の女流歌人。越前守大江雅致の娘。出生地、没地はさまざまな伝承がある(出生地の一つとして福島県石川郡石川町など)。佐賀県白石町もその出生地の一つ。和泉式部について各地に伝承があることについて、柳田国男は「これは式部の伝説を語り物として歩く京都誓願寺に所属する女性たちが、中世に諸国をくまなくめぐったからである」と述べている(『女性と民間伝承』)。京都の誓願寺謡曲誓願寺」(和泉式部を主人公とする能の演目)の舞台となった。 

f:id:tagutti:20190727114916j:plain

 <和泉式部像>

場所:和泉式部公園(嬉野市塩田町大字五反田甲)

竣工: 1995年12月

像高:

作者: 橋本次郎(像の製作は㈱梶原製作所)

撮影時: 2019年5月31日

説明:佐賀県和泉式部の関係だが、佐賀県白石町の福泉禅寺に和泉式部生誕の話が伝わっており、「ふるさとに 帰る衣の色朽ちて 錦の浦や 杵島なるらむ」という歌を残した。公園が嬉野市なのは、福泉禅寺で生まれたが、和泉式部を育てた大国丸夫婦が、塩田郷(現嬉野市塩田町)に住んでいたことからである。 

f:id:tagutti:20190727115025j:plain

 

〇田澤義鋪(たざわよしはる)  (1885~1944)

 社会教育家、政治家(貴族院議員)、思想家。佐賀県鹿島市生まれ。内務省の官僚となったが、日露戦争後の地方の疲弊を見て、地方の経済的、人的基盤立て直しのため、学校教育とは別の勤労青年の「青年団運動」を進め、同郷の下村湖人とともに「大日本連合青年団」結成および「日本青年館」建設をした。

 f:id:tagutti:20190727115142j:plain

 <田澤義舗像>

場所:肥前鹿島駅近くのスカイロード交差点付近(鹿島市高津原4241-5)

竣工: 2019年3月

像高:

作者:

撮影時: 2019年5月31日

説明:肥前さが維新博に合わせても銅像は造られており、同像は、アイプリモ佐賀店前(佐賀市唐人町1-2-16)にも下村湖人像とともに立っている。現在田澤の生家跡は田澤記念館(鹿島市高津原434)となっている。

f:id:tagutti:20190727115302j:plain

※よく見ると、佐賀市内の像と県内の関係地に再度造られた像は、像の色が違うんだね…。