銅像ハンターtaguttiの銅像ハンティング記

銅像好きがこじれて20年以上。日本中の銅像ハンティングは続きます…

鹿児島県編  その2

〇馬場藤吉 (1875~1922)

 この地区の農地開発を進めた医者、農政家。その努力により、貧しかったこの地区に1891年の開田願書の提出から1918年の工事完成を為し、「蓬原(ふつはら)開田」を成功させた。

<馬場藤吉像>

場所:有明開田の里公園(鹿児島県志布志市有明町野井倉1530-1)

竣工:2004年11月

像高:

作者:

撮影時:2020年3月20日

説明:石像である。

 

〇野井倉甚兵衛 (1872~1960)

 この地区の農地開発を進めた農政家。1892年頃から計画し、1942年に実際の工事を開始、1949年に「野井倉新田」の開拓に成功した。

<野井倉甚兵衛像>

場所:有明開田の里公園(鹿児島県志布志市有明町野井倉1530-1)

竣工:2004年11月

像高:

作者:

撮影時:2020年3月20日

説明:石像である。馬場藤吉像と並んで立っている。野井倉地区の開田は、34か所もの用水トンネルが必要で、1949年にすべてが開通したときは、野井倉氏が小舟で最後のトンネルから姿を現すことでおこなわれたという。

 

〇山本末作 (?~?)

 実業家。㈱山本組の創設者。会社は1941年創業。脇には富子夫人の像も立つ。

<山本末作像>

場所:山本組(鹿児島県志布志市志布志志布志995)

竣工:

像高:

作者: ㈱竹中銅器

撮影時:2020年3月20日

説明:会社の敷地内に立つ。

 

〇黒木隆之 (1921~2016)

 社会福祉法人賀寿園の創設者、理事長。志布志町議、志布志町議会議長、元志布志町長(4期)。町長を辞職後、特別養護老人ホームの開設をおこない、福祉分野で活躍した。

<黒木隆之像>

場所:賀寿園(鹿児島県志布志市志布志町安楽2903-1)

竣工:

像高:

作者: ㈱四津井

撮影時: 2020年3月20日

説明:賀寿園の立つところは、黒木氏が退職金をつぎ込んで(でも足りなくて)、買った土地に立った老人ホーム。その借金も生前に返し終えたそうなので、相当な働きものであった。

 

〇川島昭人 (?~2001)

 学校法人川島学園の2代目理事長。この学校法人は、鹿児島実業高校れいめい中高、尚志館高校鹿児島工学院専門学校を持つ。

<川島昭人像>

場所:尚志館高校(鹿児島県志布志市志布志町安楽6200-1)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2022年3月30日

説明:尚志館高校の校門の内側の右手にいる。

 

〇川島隼彦 (?~1961)

 学校法人川島学園の創設者、初代理事長。脇には夫人の像も並んで立っている(名前はわからない)。

<川島隼彦像>

場所:尚志館高校(鹿児島県志布志市志布志町安楽6200-1)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2022年3月30日

説明:同じ像は鹿児島市五ケ別府町3591-3の鹿児島実業高校川島学園本部)にもある。こちらは撮影できていない。