銅像ハンターtaguttiの銅像ハンティング記

銅像好きがこじれて20年。日本中の銅像ハンティングは続きます…

香川県編 その1

 今回から香川県編が始まります。香川県は2014年と2019年の2度にわたって訪問しています。

 

〇伊賀小四郎 (1877~1968)

 教育者。香川県阿野郡畑田村(現綾歌郡綾川町)生まれ。20歳のとき畑田尋常小学校で教員生活をはじめ、79歳で県教育委員会委員を辞するまで、実業教育、青年教育(教員養成)の振興に努め、香川県の教育界に貢献した。

f:id:tagutti:20210221151644j:plain

 <伊賀小四郎像>

場所:琴電岡本駅付近(高松市岡本町1575)

竣工: 1946年10月(当初の銅像は1933年6月竣工。1943年金属供出)

像高:

作者:

撮影時:2019年1月27日

説明:石像である。台座は当初のもののようで、当初の銅像は建設計画から5年の歳月がかかっているが、建設資金の募集方法と建設地が決まらずに時間がかかったようだ。建設地は踏切を渡ったところにある「奈良須池」畔が選ばれ、資金は教え子が中心となったようだ。1933年段階では伊賀氏はご存命で、文部省からの顕彰がきっかけだった。台座の下に胸像がぽつんと置かれている。 

f:id:tagutti:20210221151739j:plain

 

倭迹迹日百襲姫命(ヤマトトトヒモモソヒメノミコト) (?~?)

 記紀などに伝わる古代日本の皇族(『古事記』では「夜麻登登母母曽毘売」)。7代天皇孝霊天皇の娘。『日本書紀』によると、大物主神三輪山の神。大神神社の祭神)と結婚したとされる。この話は「箸墓伝説」とされ、箸墓古墳に葬られたといわれる。

 

吉備津彦命 (?~?)

 記紀などに伝わる古代日本の皇族。記紀ともに正式名は「ヒコイサセリヒコ」(『日本書紀』は「彦五十狭芹彦命」、『古事記』は「比古伊佐勢理毘古命」)。7代孝霊天皇の皇子。四道将軍の一人として西道に送られ、墓所岡山県にある(「中山茶臼山古墳」)。岡山市吉備津彦神社は、吉備津彦命の霊廟とされる。

f:id:tagutti:20210221151825j:plain

倭迹迹日百襲姫命吉備津彦命像>

場所:田村神社香川県高松市一宮町字宮東286)

竣工: 2003年12月

像高:

作者:

撮影時:2019年1月27日

説明:田村神社は、讃岐国一宮。祭神は「田村大神」だが、これは「倭迹迹日百襲姫命」と「吉備津彦命」ほか、猿田彦大神、天隠山命、天五田根命の5神の総称。なぜ讃岐なのかは謎?境内では「桃太郎伝説」の像とされ、イヌ・サル・キジを従え、鬼退治に向かうところとされる(「吉備津彦」=桃太郎はいいが、そこに「倭迹迹日百襲姫命」(「吉備津彦の姉」が登場するのはいかなものか?)。

 

〇中西小太郎  (1884~?)

 香川県香川郡鷺田村(現高松市)の篤農家。 

f:id:tagutti:20210221151951j:plain

<中西小太郎像>

場所:ことでんバス鶴尾バス停付近(香川県高松市松並町544)

竣工: 1932年10月

像高:

作者:

撮影時:2019年1月27日

説明:石像。バス停のちょっと先にある。前の道は「金毘羅街道(高松街道)」で、高松市から金刀比羅宮に至る道である。地域の有志がこの石像を立てたようで、頌徳碑にある「松平伯爵」は、旧高松藩の流れの松平頼壽(まつだいらよりなが)であろう。

  

〇国東理三郎(くにとうりさぶろう) (1910~?)

 実業家。高松市生まれ。市議会議員から高松市長となった父、国東照太を助け、トキワグループの各企業の発展に寄与した。香川県製紙工業会理事長を長年務める。 

f:id:tagutti:20210221152044j:plain

<国東理三郎像>

場所:トキワテニスクラブ(香川県高松市今里町1-385)

竣工: 1992年1月

像高:

作者:

撮影時:2019年1月27日

説明:トキワグループの会長として、トキワテニスクラブも設立したようだ。像が立った時にはまだご存命だった模様。構内に父の国東照太の胸像も立つ。

f:id:tagutti:20210221152134j:plain

 

南原繁 (1889~1974)

 政治学者。東京大学名誉教授。東京帝国大学総長。香川県大川郡南野村(現東かがわ市南野)生まれ。戦後貴族院勅撰議員に選ばれ(1946~47)、吉田茂首相と全面講和論を掲げて論争となる(「曲学阿世の徒」と批判)。 

f:id:tagutti:20210221152217j:plain

 <南原繁像>

場所:相生多目的研修センター(香川県東かがわ市南野103-2)

竣工: 1978年

像高:

作者:渡辺弘行

撮影時:2019年1月27日

説明:この地は旧相生小学校の跡地で、南原繁の母校。2011年に廃校となった。地図上では「相生ビオランド」と表記されるかもしれない。

  

〇野網和三郎 (1908~1969)

 実業家、水産家。香川県引田町(現東かがわ市)出身。1927年、郷里の安戸池でブリ(ハマチ)の養殖に成功した。海水魚の海水面での日本はもとより、世界でも初めてだった。戦後は日本かん水養魚協会会長などを歴任した。 

f:id:tagutti:20210221152301j:plain

<野網和三郎像>

場所:ソルトレイク引田(香川県東かがわ市引田4373)

竣工: 1970年8月

像高:

作者: 黒田晃

撮影時:2019年1月27日

説明:安戸池(“あどいけ”と読む)は、昭和30年代あたりまでは、養殖ハマチのブームで観光地化していていたようだが、行ったときは閑散とした感じで、ソルトレイク引田の「ワーサン亭」(野網和三郎のあだ名から)だけがぽつんと立っている状況だった。

 

〇棚次辰吉(たなつぐたつきち) (1874~1958)

 実業家。大阪手袋工業の創設者。香川県大内郡白鳥村(現東かがわ市松原)出身。大阪で手袋の製造技術を学び、1897年にメリヤス加工のミシンを考案し、大阪手袋工業を起こした。

f:id:tagutti:20210221152343j:plain

<棚次辰吉像>

場所:白鳥神社の手袋公園(香川県東かがわ市松原69)

竣工: 1957年5月

像高:

作者: 小倉右一郎

撮影時:2019年1月27日

説明:この白鳥は、日本一の手袋生産地らしい。もともとは辰吉の叔父にあたる両児舜礼(ふたごしゅんれい)という僧侶が(還俗して)、妻の三好タケノと始め、舜礼の死後、従兄弟の辰吉が事業を引き継ぎ、拡大していったらしい。またこの地域は製塩業や白砂糖製造が生業だったが、明治後期には安い海外産のものに押されて生産が減少し、衰退してところで、この手袋生産が地域再生になったという。

 

〇讃岐の庄松(しょうま) (1799~1871)

 江戸時代の妙好人浄土真宗の在俗の篤信者)の一人。讃岐国大内郡土居村生まれ。谷口清七の子として生まれたが、小作農の家で貧しく、様々な内職をしながら生活し、生涯独身であった。勝覚寺で寺男のような暮らしをしていたらしい。鈴木大拙が『日本的霊性』の中で高く評価したことで有名。

f:id:tagutti:20210221152615j:plain

<讃岐の庄松像>

場所:勝覚寺(香川県東かがわ市三本松426)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2019年1月27日

説明:まだ一所懸命竣工時や作者を見ていないので、台座にいろいろ書いてあったようだが、記録が残っていません。また訪問しないといけないですね。妙好人島根県でも見ましたが、どちらも全国的に有名だったようです。江戸時代後半は気候も不安定で、農民は生活が不安定だったことも、信仰心を高める結果につながったかもしれませんね。

 

〇保井コノ(やすいこの) (1880~1971)

 植物学者。日本女性初の理学博士。お茶の水女子大教授。香川県大内郡三本松村(現東かがわ市三本松)生まれ。女子高等師範学校(現お茶の水大学)卒業後、シカゴ大、ハーバード大で学び、帰国後女子高等師範学校教授となった。専門は植物学、細胞学。

 

f:id:tagutti:20210221152658j:plain

<保井コノ像>

場所:旧三本松小学校(香川県東かがわ市三本松862-1)

竣工: 1977年6月

像高:

作者: 黒田晃

撮影時:2019年1月27日

説明:三本松小学校は2019年3月に閉校となった。奇しくも閉校直前に訪れたようだ。2021年に校舎を解体するようだが、銅像がどうなるのか?

鳥取県編 その20

〇算盤小僧…「算盤坊主」とも。京都府船井郡西別院に伝わる妖怪。夜、寺や神社の境内の木の下で算盤を弾く坊主(小僧)姿のもの。西別院村笑路の西光寺には、坊主の姿で現れた。タヌキの仕業とも、この寺で計算を間違えて怒られた小坊主がこの機で首つり自殺をしたと言われ、その霊とも。西光寺の隣の素戔嗚神社にも現れたが、こちらは少年の姿である。こちらは西光寺の開山、萬安英種という和尚が、子供時代に夜な夜な猛勉強した姿だとか。 

f:id:tagutti:20210214113159j:plain

 

閻魔大王…仏教、ヒンドゥー教で地獄、冥界の主。冥界の王として死者の生前の罪を裁く神。水木しげるは幼いころ、のんのんばあに連れられて訪れた正福寺の本堂に地獄絵図があり、この絵図に見入っては霊の世界を想像したといわれる。 

f:id:tagutti:20210214113248j:plain

 

〇龍…西洋のドラゴンではなく、中国では神獣・霊獣であり、中国の皇帝のシンボルとして扱われた。水中か地中に棲むとされることが多い。その鳴き声で雷雲や嵐を呼び、竜巻となって天空に昇り自在に飛翔する。頭に角を持ち、口には長いひげがある。日本では、蛇神信仰と融合して、水の神として民間信仰の対象となった。九頭竜信仰が有名。 

f:id:tagutti:20210214113337j:plain

 

〇べとべとさん…夜道を歩くと人間の後をつけるが、足音だけで人に危害を加えるわけではない。奈良県宇陀郡では暗い夜道で、静岡県では小山を降りてくるときに出会うという。この足音に恐怖を感じるときは、「べとべとさん、お先にお越し」(奈良県)「お先にお越し」、「お先にどうぞ」(静岡県)などと唱えれば、付いてきた人から離れるという。水木しげるは遭遇したことがあるといい、『ゲゲゲの鬼太郎』では、丸い頭部に足が生え、微笑んだような愛嬌のある口が大きく開いた格好のキャラクターとなっている。 

f:id:tagutti:20210214113436j:plain

 

〇寒戸の婆…「さむとのばば」。柳田國男の『遠野物語』に載る、岩手県上閉伊郡松崎村(現遠野市)の伝説。同村の寒戸に住む娘がある日、木の下に草履を残して消息を絶ち、30年後に親戚が集まったところへ、ぼろぼろの服で老いた姿で帰って来たという話。親戚たちに対し、娘はみんなに会いたくて帰ってきたが、山に帰らならければならないと言って去って行った。その日は風が強かったので、以降。強風の日には「寒戸の婆が帰ってきそうな日だ」と言ったとか。ただし、松崎に「寒戸」という地名はない。 

f:id:tagutti:20210214113524j:plain

 

〇枕返し…夜中に寝ているか枕元にやってきて、枕をひっくり返す、または頭と足の方向を変えるとされる妖怪。妖怪ではなく、その部屋で死んだ人間の霊の仕業との考えられていた。東北地方では座敷童の悪戯の一つとされる。鳥山石燕の『画図百鬼夜行』では小さな仁王のような姿で描かれる。かつて日本では、夢を見ている間は魂が肉体を抜け出ており、そのあいだに枕を返すと魂は肉体に戻れないという信仰があったとされる。このような枕の民間信仰が、枕返しの伝承のもとになっているのではないかと考えられている。

f:id:tagutti:20210214113612j:plain
 

 〇いそがし…熊本県八代市に伝わる『百鬼夜行絵巻』に描かれる妖怪。この絵巻には名称も解説も一切ないが、同様の恰好の妖怪を描いた『百物語化絵絵巻』に「いそがし」の名で載る。水木しげるはマンガ『妖怪博士の朝食』でこれを登場させ、人に憑依する妖怪とする。この妖怪に憑かれると、やたらに落ち着きが無くなり忙しく動き変わるが、不快感はなくなぜか安心感に浸ることができ、逆におとなしくしていると何か悪いことをしている気になるとしている。

f:id:tagutti:20210214113703j:plain

 

〇異獣…鈴木牧之の『北越雪譜』に載る謎の獣。越後国(現新潟県)で、竹助という男が大荷物を背負って歩いている途中、山中で食事をしようと休憩をしていると、そこ谷間の根笹を押し分けて現れた。サルに似ているがサルではなく、頭の毛が背中に垂れるほど長く、背丈は人間よりも大きかった。獣が弁当を欲しがるそぶりをするので分け与え、帰り道でも弁当を分けようと告げると、獣は竹助の荷物を持ち、竹助の前をスタスタと歩いた。目的地が見えると、獣は荷物を降ろして脱兎のごとく去っていった。その足はとても速かったという。以降、この山を通るときにはたびたび目撃されたという。 

f:id:tagutti:20210214113754j:plain

 

〇鬼太郎の家…木の上に作られた家。「鬼太郎ハウス」とも。中では鬼太郎、目玉の親父、ねずみ男がくつろいでいる。この世とは別の世界のことがみられる「霊界テレビ」、釣瓶火に似た妖怪火をともす「妖怪ランプ」、地獄に生えた「電木」の葉で作られたふとん、敵が近づくと危険を知らせる「虫かご」も見える。水木しげる記念館の中庭にある。ちなみに脇にある「妖怪ポスト」に投函すると、妖怪消印付きでちゃんと郵送されるらしい。 

f:id:tagutti:20210214113930j:plainf:id:tagutti:20210214114022j:plain

 

現在の「水木しげるロード」の妖怪像の配置は、「水木しげるの世界」→「森に棲む妖怪」→「神仏・吉凶を司る妖怪」→「身近なところにひそむ妖怪」→「家に棲む妖怪」の順で、境港駅から水木しげる記念館へ向かうようになっています。

長々と載せてきましたが、やっと「水木しげるロード」は終了です。そして鳥取県編もひとまず終了です。米子北高校の「小泉順三」像、米子松蔭高校の「永島運一」像(訪問した年は同校が夏の甲子園大会に出場しました)、鳥取大学正門の「三浦百連」(レリーフ像)は訪問できませんでした。次の訪問の際には訪れたいと思います。

鳥取県編 その19

〇座敷童子…「ざしきわらし」。主に岩手県を中心として東北に伝わる妖怪。座敷もしくは蔵に棲むとされ、家人に悪戯を働く、見た者には幸運が訪れる、家に富をもたらすなどの伝承がある。『遠野物語』に記事があり、赤面垂髪の5、6歳くらいの小童というが、住み着く家で姿かたちが変わるとも言われる。岩手県金田一温泉の「緑風荘」、盛岡市の「菅原別館」、遠野市の「わらべ」などに出るとされる。 

f:id:tagutti:20210207101841j:plain

 

〇雪女…雪の妖怪。全国に言い伝えがある。起源も古く、室町時代の『宗祇諸国物語』で、越後国(現新潟県)で見たとの記述がある。呼び方は様々だが、常に白装束を身にまとい男に冷たい息を吹きかけて凍死させたり、男の精を吸い尽くして殺したりするところは共通している。 

f:id:tagutti:20210207101929j:plain

 

〇丸毛…水木しげるの創作した妖怪。毛むくじゃらの体に手足と目がつき、口は頭のてっぺんにある。普段は貯金箱のふりをしていて、お金を入れるときは大人しいが、それを取り出そうとすると指を噛んだりする。

f:id:tagutti:20210207102009j:plain

 

〇だるま…本来はインドから中国へ仏教を伝えた僧侶、達磨大師のこと。嵩山少林寺で壁に向かって9年間座禅を続けたとされる(面壁九年)。結果、手足が腐ってしまったという伝説が起こり、玩具としての達磨が作られるようになった。さらに妖怪としては水木しげるの創作で、この玩具の達磨に手足が生え、どんな攻撃にも耐えるタフさと腹から大量に繰り出す子だるまが攻撃をする。

f:id:tagutti:20210207102104j:plain

 

〇金霊…「かなだま」「かねだま」。日本に使わる金の精霊、金の気。これが訪れた家はお金が溢れて栄えるらしい。鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』に登場する。欲深いもののところではなく、善行を積み、無欲なものの家に現れる。水木しげるは体験していて、轟音と共に空を飛ぶ巨大な十円玉のような姿だったという。 

f:id:tagutti:20210207102207j:plain

 

〇大元神…「おおもとがみ」。石見地方に伝わっている。荒神と共に村の守護神。神木に蛇わら(龍の場合も)を巻き付けた状態で祀られる。部族の祖先神と言われ、蛇が東方を司ることから、太陽神ともされて稲作の豊穣を願ってきた。水城しげるロードでも、東側に置かれている。 

f:id:tagutti:20210207102305j:plain

 

たんころりん宮城県仙台市に伝わる柿の木の妖怪。老いた柿木が化ける。成った柿の実を採らずに法落ちしておくと現れるとされ、姿は僧侶のようで、服の袂に柿の実を次々と入れて歩き、その後種を巻き散らすためにその実を落としていくという。柿の木の精だともいう。 

f:id:tagutti:20210207102441j:plain

 

〇一つ目小僧…額の真ん中に目が一つだけある坊主頭の子どもの妖怪。一般的に悪さはしない。豆腐小僧との関連も。山の神は一つ目のことが多く(たたら製鉄では炉の火を片目で見続けるために片目を失うものが多かったことから)、それとの関連も。

f:id:tagutti:20210207102524j:plain

 

〇岩魚坊主…大きな岩魚が化けた妖怪。江戸時代の随筆『想山著聞奇集』に美濃国恵那郡(現岐阜県中津川市付近)での伝承が載り、それ以外にも各地に伝聞する。釣り人が釣りをしていると、一人の坊主が現れ長話に興じる。内容は、この辺りは寺領なので釣をあまりしないようにということだが、釣り人がご飯をふるまったので、坊主は気分良く帰っていく。その後大きな岩魚がかかり、持って帰って捌くと、腹から釣り人が振舞ったごはんが出てくる、というものである。

f:id:tagutti:20210207102615j:plain