銅像ハンターtaguttiの銅像ハンティング記

銅像好きがこじれて20年以上。日本中の銅像ハンティングは続きます…

神奈川県編  その4

〇善導大師 (613~681)

 中国の浄土教の僧侶。「称名念仏」を中心とする浄土思想を確立した。泗州夏丘県(安徽省宿州市泗州)あるいは青州臨淄県(山東省淄博市臨淄区)に生まれる。

f:id:tagutti:20211128210532j:plain

<善導大師像>

場所:光明寺(神奈川県鎌倉市材木座6-17-19)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2014年1月13日

説明:堂内には1663年に作った善導大師像がある。

 

〇佐竹音次郎 (1864~1940)

 児童福祉家。高知県幡多郡竹島村(現四万十市竹島)生まれ。地元の小学校教員を経て、27歳の時に医者を志し、30歳で神奈川県鎌倉市腰越に開業。3年後に「小児保育園」の看板を並べ、その後医業を廃して「鎌倉小児保育園」を設立、児童養護に専念する。

f:id:tagutti:20211128210834j:plain

<佐竹音次郎像>

場所:聖音会鎌倉児童ホーム(神奈川県鎌倉市佐助1―6-6)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2008年10月18日

説明:鎌倉駅の御成口からまっすぐ進み、市役所を抜け、御成トンネルを抜けると左側にある。妻のクマ(熊子)像も並置されているので、2体の写真を載せておく。

f:id:tagutti:20211128210909j:plain

 

源頼朝  (1147~1199)

 平安末期から鎌倉初期の武士。鎌倉幕府の初代征夷大将軍尾張国愛知郡熱田(現愛知県名古屋市熱田区)生まれ。父は源美朝、母は神宮大宮司藤原季範の女(由良御前)。初陣の平治の乱に敗れ、逃走中の近江で捕われ、死刑となるべきところ、平清盛の乳母池禅尼の嘆願により、伊豆国蛭ヶ小島に流される。1180年挙兵し、鎌倉へ凱旋、1185年に後白河法皇から全国に守護・地頭の設置を認められ、1192年後鳥羽天皇から征夷大将軍に任じられる。

f:id:tagutti:20211128211522j:plain

源頼朝像>

場所:源氏山公園(神奈川県鎌倉市扇ガ谷4-7-1)

竣工: 1980年

像高:

作者:

撮影時:2006年12月2日

説明:この地は、源頼朝の祖の源義家が、後三年合戦の際に、源氏の白旗を掲げて戦勝祈願をしたところ。これに因んで頼朝も平氏討伐の際に山頂で戦勝祈願したという。

 

山田検校 (1757~1817)

 江戸時代の筝曲音楽家。筝曲山田流の創設者。本姓は三田、諱は斗養一、号は勝善。尾張藩に仕えた宝生流能楽師三田了任の子として江戸に生まれる。若くして失明し、長谷富検校の門人であった山田松黒より筝曲を学ぶ。江戸浄瑠璃に三味線を取り入れ、一躍有名となった。1817年江戸惣録検校となった。

f:id:tagutti:20211128211749j:plain

山田検校像>

場所:江島神社(神奈川県藤沢市江の島2-3-8)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2007年5月3日

説明:江島神社のかなり上の方にいたと思う。

 

〇支倉常次 (1918~?)

 実業家。宮城県桃生郡河南町(現宮城県石巻市)生まれ。青葉レントゲン㈱を興し、成功する。故郷の龍口神社(たつのくちじんじゃ)の荒廃を嘆き、1990年に社殿ほかの造営を成す。

f:id:tagutti:20211128211827j:plain

<支倉常次像>

場所:龍口寺(神奈川県藤沢市片瀬3-13-3)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2011年11月26日

説明:当時この墓石と一体化したような銅像はただただ撮っただけで、何も調べなかった(今度裏付け取材に行かないと…)。今回ネットで調べていると、この像と全く同じ像が石巻市の龍口神社(宮城県石巻市前谷地龍口山11)にあり、そこの像の銘文に、上記の人物紹介のようなことが書かれていた。この墓地像も「龍口寺」とあるのは、なんか関係があるのだろうか?見た感じは墓石の上に像が乗っている感じなのだが…。妻の志津子像も並置されているので、載せておく。

なお、龍口寺には日蓮像がある。

f:id:tagutti:20211128211923j:plain

(2011年11月26日)

神奈川県編  その3

※昨日、「ペリー資料館」内を見学してきました。館内にもペリーと戸田氏栄の胸像がありますので、画像をアップしておきます。

f:id:tagutti:20211121182717j:plain f:id:tagutti:20211121182755j:plain

 

岩村透  (1870~1917)
 美術評論家東京美術学校教授。東京小石川生まれ。父は華族、男爵の岩村高俊。アメリカに渡り、絵画と美術批評を学んだ。その後ロンドン・パリと巡り、イタリアを見た後で帰国し、東京英和学校(現青山学院大学)や東京美術学校西洋美術史を教える。晩年は糖尿病が悪化して療養生活に入る。

f:id:tagutti:20211121182925j:plain

岩村透像>
場所:本瑞寺(神奈川県三浦市三崎1―19-1)
竣工: 1930年
像高: 
作者: 朝倉文夫
撮影時:2011年11月13日 
説明:この地に岩村透の墓がある。また彫刻家北村四海、俳人の松本たかしの墓もある。

 

〇寺本正市  (?~?)
 漁師、実業家。三崎漁業協同組合連合会長。1954年にアメリカがビキニ環礁でおこなった水爆実験で被爆した「第5福竜丸」は、もともと寺本氏が所有していた「第七事代丸」がマグロ漁船に改造されたもの。この後、三崎のマグロなどの安全性をめぐって大きな問題が起こり、氏はその対策本部長となった。

f:id:tagutti:20211121183035j:plain

<寺本正市像>
場所::本瑞寺(神奈川県三浦市三崎1―19-1) 
竣工: 
像高: 
作者: 
撮影時:2011年11月13日  
説明:本瑞寺は、「桜の御所」と呼ばれ、源頼朝が風光明媚な三崎に設けた三つの御所のひとつ(あとは椿の御所=大椿寺・桃の御所=見桃寺)。境内の水屋の上には良寛像もある。

 

〇川崎喜太郎 (?~?)
 官僚。初代の三浦市長(1955~1959)。

f:id:tagutti:20211121183124j:plain

<川崎喜太郎像>
場所:城ケ島大橋旧料金所付近(神奈川県三浦市晴海町1付近)
竣工: 
像高: 
作者: 
撮影時:2011年11月13日  
説明:おそらく、城ケ島大橋の架橋を推進し、三崎漁港を拡充するなどの政策を実行したものと思われる。城ケ島大橋は2020年4月から無料となった。旧料金所と橋の間にちょっとした路側帯があるが、ここに車が止められるかは不明。像を訪れる際は徒歩がよいかと思う。

 

前島密 (1835~1919)
 官僚、政治家、教育者。郵便事業の基礎を作り「郵便の父」と呼ばれる。これ以外に鉄道・新聞・陸運など多くの事業に携わる。越後国頸城郡下池部村(現新潟県上越市)生まれ。

f:id:tagutti:20211121183319j:plain

前島密像>
場所:浄楽寺(神奈川県横須賀市芦名2-30-5)
竣工: 1917年?
像高: 
作者: 新海竹太郎
撮影時: 
説明:この地は前島が明治末に隠居所(如々山荘)を作り、天寿を全うしたところ。この像は、1916年に新海竹太郎の手で作られた旧逓信省庁舎に建てた寿像建設で余ったお金で作った和装であり、墓のところにあるもの以外にいくつか作られたという。近年(2016年)寺の入り口にある郵便ポストの上にも、前島の胸像が乗った。旧逓信省の像は逓信博物館に移設後、戦時中の金属供出にあったが鋳つぶされず、出身地の上越市の前島記念館に移設された(長沼守敬作)。郵政関係の各所に銅像がある(長沼守敬像が主だが、戦後手直しをした会田富康像もあるらしい)。

f:id:tagutti:20211121183433j:plain


石原裕次郎 (1934~1987)
 俳優、歌手。兵庫県神戸市須磨区で生まれ、小樽市及び逗子市で育つ。兄は石原慎太郎慶応義塾大学に入学するが、中退して俳優となる。『狂った果実』(石原慎太郎原作)で初主役、以降は順風満帆の活躍をする。石原プロモーションを作り、映画やテレビドラマ(『太陽にほえろ!』『西部警察』など)を制作していく。f:id:tagutti:20211121183528j:plain

石原裕次郎像>
場所:森戸神社(神奈川県三浦郡葉山町堀内1025)
竣工: 1989年7月
像高: 
作者: 
撮影時: 
説明:レリーフ像である。兄の石原慎太郎が建設。兄の詩が添えられた記念碑となっている。裕次郎灯台やその背後に富士山の見える風光明媚の地である。

 

北条実時 (1224~1276)
 鎌倉時代の武将。金沢流北条氏の実質初代。金沢実時(かねさわさねとき)とも。北条時頼などに仕え、引付衆評定衆として活躍する。1275年に政務を引退し、六浦荘金沢に在住し、蔵書を集めて金沢文庫を開設する。

f:id:tagutti:20211121191247j:plain

北条実時像>
場所:称名寺(神奈川県横浜市金沢区金沢町212-1)
竣工: 
像高: 
作者: 
撮影時: 
説明:おそらくモデルは、称名寺が持つ「四将像」の「絹本着色北条実時像」。銅像のある丘の裏側に「県立金沢文庫」がある。また称名寺の裏山には、北条実時の墓もある。

 

赤木圭一郎 (1939~1961)
 映画俳優。本名赤塚親弘。愛称はトニー。東京府麻布区笄町(現東京都港区西麻布)生まれ。のちに鎌倉に疎開し、戦後は藤沢市に転居。1958年に日活4期ニューフェースとして入社、『素っ裸の年令』で映画初主演、評判を呼び、『拳銃無頼帖』シリーズなどに主演、「和製ジェームス・ディーン」と言われた。1961年に日活撮影所内でゴーカートを運転中に事故死した。

f:id:tagutti:20211121191622j:plain

赤木圭一郎像>
場所:長勝寺(神奈川県鎌倉市材木座2-12-17)
竣工: 
像高: 
作者: 
撮影時: 
説明:寺の裏山の墓地に上がる階段の途中にある。目の前には鐘楼がある。もともとは祖師堂前にあったという。

 

日蓮 略

f:id:tagutti:20211121191702j:plain

日蓮像>
場所:長勝寺(神奈川県鎌倉市材木座2-12-17)
竣工: 
像高:4m 
作者:高村光雲
撮影時: 
説明:長勝寺は、日蓮に帰依した石井藤五郎長勝が自邸を寺にしたもので、当初は本国寺と言った。この寺が京都に移転した後の跡地に再興したのが長勝寺と言われている。像は境内の帝釈堂の前に立つ。鎌倉は日蓮宗の寺が多く、ほかにも多くの日蓮像がいる。日蓮像は1966年に東京都大田区の洗足池から移設した。

神奈川県編  その2

〇坂本お龍 (1841~1906)

 幕末から明治初期に活動した女性。楢崎龍。青蓮院の侍医である楢崎将作の長女として、京都の富小路六角付近で生まれる。坂本龍馬と出会い、妻となる。龍馬の死後、大道芸人の西村松兵衛と再婚し、横須賀に住む。晩年は貧困のうちに亡くなった。

f:id:tagutti:20211114173732j:plain

<坂本お龍像>

場所:おりょう会館(神奈川県横須賀市米が浜通2丁目5−40 )

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2011年11月13日

説明:横須賀市大津の信楽寺(しんぎょうじ)に墓がある。本堂にはお龍の木像もある。晩年、横須賀の米ヶ浜に住んでいたようで、葬儀場である「おりょう会館」の前に「おりょう終焉の地」の標識が建っている。

 

〇吉田庫三(よしだくらぞう) (1867~1922)

 教育者。長州藩(現山口県)出身。吉田松陰の妹千代(芳子)の子ども。鳥取県第一中学校(現鳥取西高校)、神奈川県第二中学校(現小田原高校)、神奈川県第四中学校(現横須賀高校)の校長を歴任した。神奈川県の2つの中学校はいずれも初代の校長である。

f:id:tagutti:20211114173836j:plain

<吉田庫三像>

場所:神奈川県立横須賀高等学校(神奈川県 横須賀市公郷町3-109)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2008年7月24日

説明:吉田は第四中学校の校長在任中に亡くなっている。

 

〇タマ公

 昭和初期、新潟県中蒲原郡川内村で猟師をしていた、刈田吉太郎が飼っていた猟犬。メスの柴犬(越後柴犬)。飼い主を2度も雪崩から救ったとして、「忠犬タマ公」と呼ばれる。

f:id:tagutti:20211114174945j:plain

<タマ公像>

場所:衣笠山公園(神奈川県横須賀市小矢部4)

竣工:2017年3月

像高:

作者:羽下大化(の複製)

撮影時:2021年9月19日

説明:1934年2月と1936年1月の2度にわたって、雪崩に巻き込まれた主人を助け、その後1937年に川内小学校の校長の呼びかけで、同校と新潟市の白山公園に銅像が立てられた。その後新潟駅南口コンコース、五泉市村松公園にも像ある。戦前、横須賀在住の新潟県出身の海軍関係者が、この話に感動して、石碑を建立し衣笠山公園に建てた。石碑の揮毫は、当時の横須賀市長の小泉又次郎であった。以降、村松町川内地区と横須賀市衣笠地区は交流を深め、村松公園のタマ公像脇の石碑の揮毫は小泉純一郎がおこなった。そして、2017年についに衣笠山公園にタマ公の銅像が設置された。この像の解説文の揮毫は、小泉進次郎である。

 

 

〇フランソワ・レオンス・ヴェルニー (1837~1908)

 

<フランソワ・レオンス・ヴェルニー像>

場所:観音埼灯台(神奈川県横須賀市鴨居4-1187)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2013年1月7日

説明:観音埼灯台は日本初の洋式灯台で、設計はヴェルニーの手による。初代は1869年に完成し点灯したが、1922年に亀裂が生じたために建て替えた。しかし1923年於関東大震災で崩壊し、1925年に現在の3代目が完成した。像は、1Fにある灯台資料展示室内にある。おそらく石膏像ある。

 

菅原道真 (845~903)

 平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。学者菅原是善の子。若くして優秀で、18歳で文章生となり、8年後には正六位上、その4年後従五位となり、貴族の仲間入りをした。宇多天皇に信頼され、右大臣にまで昇進したが、醍醐天皇の治世において、太宰府権帥に左遷され(昌泰の変)、当地で亡くなった。その後京内で異変が相次ぎ、清涼殿に落雷が落ちるに至り、「天神」として神格化が図られるようになった。

f:id:tagutti:20211114175528j:plain

菅原道真像>

場所:久里浜天神社(住所)

竣工:2003年9月

像高:

作者:藤井治紀

撮影時:2021年9月19日

説明:久里浜天神社は、1660年にこの地区の新田開発をした砂村新左衛門が、摂津の福島天満宮から分霊を勧請したことから始まる。牛乗りの道真像は、道真と牛が並々ならぬ縁があり(丑年の丑の日に生まれた・太宰府へ左遷される最中、刺客に襲われたとき、牛の鳴き声で難を逃れた・丑の日に亡くなった・遺骸を牛車にひかせ、停まったところに葬るように遺言した など)、太宰府天満宮では「御神牛」としていることなどから、久里浜天神社でも作ったらしい。ただ道真が牛に跨る像は珍しいようだ。

 

マシュー・カルブレイス・ペリー (1794~1858)

 アメリカ海軍の軍人。米墨戦争において、本国艦隊の司令官となったが、その頃蒸気船の導入に熱心で、「蒸気船海軍の父」と呼ばれる。1852年に東インド隊司令長官に就任し、1853年に相模国浦賀に来航し、長く鎖国を続けた日本を開国に導いた。

f:id:tagutti:20211114175605j:plain

マシュー・カルブレイス・ペリー像>

場所:ペリー記念館(神奈川県横須賀市久里浜7-14)

竣工:1853年

像高:

作者: 川村栞

撮影時:

説明:浦賀の地は人口が密集し、手狭であったため、ペリーが持ってきたフィルモア大統領の国書の受け取り、隣接する久里浜でおこなわれることとなった。そのため、1901年「ペリー上陸記念碑」が立てられ(揮毫は伊藤博文)、この地が「ペリー公園」となり、その一角に「ペリー記念館」が建てられた(1987年)。館の入り口右側にいる。ここ以外にペリー像は、東京都港区の芝公園静岡県下田市、北海道函館市にある。

 

〇戸田氏栄(とだうじよし) (1799~1858)

 江戸後期の幕府の旗本。官位は従五位下、伊豆守。美濃国深坂(現岐阜県揖斐郡揖斐川町)生まれ。大柿戸田家の分家、深坂戸田家の6代目。1847年から浦賀奉行。ペリーが来航した際には、兵の必要性から本家大柿藩に藩兵の出陣を要請した。1854年日米和親条約を調印する際にも、日本側の全権となった。

f:id:tagutti:20211114175636j:plain

<戸田氏栄像>

場所:ペリー記念館(神奈川県横須賀市久里浜7-14)

竣工:

像高:

作者:川村栞

撮影時:

説明:館の入り口左側にいる。