銅像ハンターtaguttiの銅像ハンティング記

銅像好きがこじれてよじれて20年以上。日本中の銅像ハンティングは続きます…

鹿児島県編  その21

西村健夫 (1907~1985)

 政治家。鹿児島県熊毛郡西之表町榕城中目生まれ。西之表町助役から町長、1958年からが初代西之表市長。その後鹿児島県議(1期)。さらに1953年に西之表町農協組合長となる。

西村健夫像>

場所:種子屋久農協西之表支所(鹿児島県西之表市西町6974)

竣工:1986年5月

像高:

作者:中村晋也

撮影時:2020年3月23日  

説明:農協だが、目の前は漁港である。この人の孫が、西村由紀江という有名ピアニストである。

 

〇若狭姫 (1527~?)

戦国時代の女性。種子島の赤尾木玉川尻生まれ。種子島の鉄砲鍛冶、八板金兵衛清定の娘。1543年の鉄砲伝来の際、16歳でポルトガル人に嫁いで、国産の鉄砲製造のネックだった、尾栓(銃身の底を塞ぐ部品)のネジきりの技術の伝播と引き換えに、ポルトガル人ムラシュクシャに嫁いだとされる。

<若狭姫像>

場所:種子島あらきホテル(鹿児島県西之表市西町78)

竣工:1997年7月

像高:

作者:

撮影時:2020年3月23日  

説明:石像である。手には鉄炮を持っている。上記の話は、口承のみで伝わり、立証できる文献などはないという。ちなみに鹿児島港と西之表港を結ぶカーフェリーの名は「プリンセスわかさ」である。

 

〇八板金兵衛清定(やいたきんべえきよさだ) (1502~1570)

 戦国時代の刀鍛冶。鉄炮の製作に携わり、鉄砲鍛冶となった。1543年に鉄炮が伝来すると、種子島城主の種子島時堯の命で、鉄炮製作を命じられ、1545年に国産初の鉄砲製造に成功したという。

<八板金兵衛清定像>

場所:西之表商工会(鹿児島県西之表市栄町2-5)

竣工:1993年10月

像高:

作者:㈱四津井工房

撮影時:2020年3月23日  

説明:2体のうち左側の、座り込んで玄翁を叩いているのが清定、右側の立っているのが弟子の三郎次だという。

 

種子島時堯(たねがしまときたか) (1528~1579)

 戦国時代の大名。種子島氏第14代当主。日本に鉄砲伝来時の当主で、ポルトガル人の射撃の実演を見て、ただちに購入するとともに、国産化をもくろんで成功した。

種子島時堯像>

場所:赤尾木城址(鹿児島県西之表西之表7578-1)

竣工:1984年7月

像高:

作者: 中村晋也

撮影時:2020年3月23日  

説明:左手には、筒状になった鉄炮を持っている。像の立ってるところは種子島氏の居城、赤尾木城の跡地である。その向かい側には、種子島総合開発センター「鉄砲館」があり、八板金兵衛清定の造った、国産一号の鉄砲が展示されている。

鹿児島県編  その20

島津斉彬 (1809~1858)

 江戸時代の大名。第11代薩摩藩主江戸薩摩藩邸で生まれる。薩摩藩の富国強兵、殖産興業に着手した幕末の名君と言える。若くして洋学に興味を持ち、それを「蘭癖」と見なされ、なかなか藩主になれず、調所広郷や父島津斉興の側室お由羅らが、久光の擁立を画策した(お由羅騒動)。その結果やっと藩主となった。その後は集成館事業による富国強兵、殖産興業、また有能な下級藩士の登用(西郷隆盛大久保利通など)などの藩政改革をおこなった。幕府の継嗣問題では、徳川慶喜を推し、徳川慶福を推した井伊直弼を対立、直弼が強権を発動して慶福を将軍にし、安政の大獄を起こすと、兵を率いて上洛を計画したが、その直後に病死した。

島津斉彬像>

場所:照国神社(鹿児島県鹿児島市照国町19-35)

竣工:1917年

像高:

作者:朝倉文夫

撮影時: 2020年3月22日

説明:

 

島津久光 (1817~1887)

 江戸末期から明治初期の大名、華族薩摩国鹿児島城下で生まれる。島津斉興の五男。元服時の名は忠教(ただゆき)。兄弟で争ったお由羅騒動では斉彬の対立派だったが、本人は担ぎ出された要素が強く、事件後も斉彬との関係は良好だった。兄が亡くなった後、実施の忠徳が藩主に就任し(当初は茂久のち忠義)、藩主の実父として藩内の性的影響力が増大し、「国父」の礼を持って遇されるようになった。中下級藩士の「精中組」を登用するが、リーダー格の西郷隆盛とは生涯ウマが合わず、遠島処分などにした。

1862年には上洛し、朝廷の大原重徳を勅使にして江戸に入り、「文久の改革」をおこなった。その帰路では、「生麦事件」を起こしている。明治維新後は、政治の主導権を握ることはできなかった。

島津久光像>

場所:照国神社(鹿児島県鹿児島市照国町19-35)

竣工: 1917年

像高:

作者: 朝倉文夫

撮影時:2020年3月22日  

説明:照国神社の右側にある、「探勝園」内にある。

 

〇島津重義 (1840~1897)

 幕末の薩摩藩主。王政復古の大号令時の小御所会議に出席、明治維新後は、版籍奉還廃藩置県に従う。西南戦争時も東京にいて、事件には関わらなかった。

<島津重義像>

場所:照国神社(鹿児島県鹿児島市照国町19-35)

竣工:1917年

像高:

作者:朝倉文夫

撮影時:2020年3月22日

説明:照国神社の右側にある、「探勝園」内にある。この像は第二次大戦時に金属供出され、戦後再建されたものである。

 

フランシスコ・ザビエル

 略

フランシスコ・ザビエル像>

場所:ザビエル公園(鹿児島県鹿児島市東千石町4)

竣工:1949年8月

像高:

作者:

撮影時:2020年3月22日

説明:この地は、明治時代に日本発の仏和辞典を作成したラゲ神父が、ザビエルの功績をたたえて作ったザビエル教会の跡地。第二次世界大戦で焼失したが、その旧聖堂の一部を残して「ザビエル公園」となった。さらに1949年にはザビエル渡日400年を祝して、隣接地に「ザビエル教会」が再建され、公園内には、1999年に溝口守一氏により、ザビエル、ヤジロウ、ベルナルドの等身大像も制作された。

(ザビエル教会のザビエル像:2007年イタリアより寄贈)

 

〇保直次(たもつなおじ) (1916~2012)

 実業家。鹿児島県大島郡亀津村(現徳之島町井之川)生まれ。戦後鹿児島市にスーパーを開業し、その後城山観光ホテル(現城山ホテル鹿児島)を設立した。

<保直次像>

場所:城山ホテル鹿児島(鹿児島県鹿児島市新照院町41-1)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2020年3月23日

説明:城山ホテル鹿児島に滞在し、朝食ビュフェを食べながら桜島を見ていたら、そこのテラスにこの像があった。伸ばしている右手の先が桜島である。「夢を見、夢を追い、夢を喰う」は、保氏の信念。

鹿児島県編  その19

西郷隆盛  鹿児島市内には、多くの西郷隆盛像があるが、西郷公園の菅実秀との対談像を除いて、ここで一括に紹介する。

 

 

①場所:鹿児島市美術館前(鹿児島県鹿児島市城山町4-36)

竣工:1937年5月

像高:5.76m

作者:安藤照

撮影時:2020年3月22日  

説明:東京上野公園とは違って、軍服姿の像。背景は西郷が西南戦争時に自刃した城山である。作者は東京渋谷の「ハチ公」像の安藤照。鹿児島市の出身である。国道10号線をはさんで反対側には、この像の撮影広場がある。イヌのFRP像があり、イヌを入れての記念撮影ができるという。

 

②場所:南洲神社(鹿児島県鹿児島市上竜尾町2-1)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2020年3月22日 

説明:南洲神社の拝殿の中にいます。コンクリート像の犬を連れた像も…。この像は客人が来た時の正装だそう。南洲神社の南には、西南戦争で亡くなった方々の埋葬された「南洲墓地」がある(もちろん、西郷隆盛の墓も)。

 

③場所:西郷洞窟前(鹿児島県鹿児島市城山町19)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2020年3月23日 

説明:この像はおそらくFRP像である。西郷洞窟(西南戦争の最後の5日間、城山に立て籠もっていた西郷が過ごした洞窟と伝えられている)のすぐ上の「せごどん本店」が作ったものと思われる。

④場所:城山長寿泉前(鹿児島県鹿児島市城山町20)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2020年3月23日 

説明:③の「せごどん本店」の道路反対側にある、公衆浴場「城山長寿泉」のところにある像。「西郷隆盛没後百周年」の銘がついている。

 

小松帯刀 (1835~1870)以下略

小松帯刀像>

場所:宝山ホール(県文化センター)(鹿児島県鹿児島市山下町5-3)

竣工:1993年10月

像高:

作者:西俣敏弘

撮影時:2020年3月22日  

説明:夜はライトアップされる。右手に筆、左手に紙を持っているが、これは1867年10月に、将軍徳川慶喜が、諸大名に大政奉還の是非を問うたとき、小松がいち早く「すべし」と記帳したイメージなのだそう。顔の向いている方向に照国神社があり、薩摩の三公(島津斉彬島津久光島津忠義)を意識しているのだという。

 

天璋院篤姫 (1836~1883)以下略

天璋院篤姫像>

場所:鹿児島県歴史資料センター黎明館(旧鶴丸城址)(鹿児島県鹿児島市城山町7-2)

竣工:2010年12月

像高:

作者:中村晋也

撮影時:2020年3月22日 

説明:銅像の後ろの屏風には「一命にかけ是非是非御頼申候事に候」とあり、13代徳川家定に嫁いだ篤姫が、西郷隆盛に婚家の徳川家の存続を願って出した嘆願書の一文が記されている。像を作るために中村氏は、生前の姿の資料を多く集め、晩年の写真で着ている「道服」をイメージし、服は少し硬い感じで表現したとのこと。

 

 

〇平田靫負(ひらたゆきえ) (1704~1755)

 江戸時代中期の薩摩藩の家老。1753年、薩摩藩は幕府の「御手伝普請」で、毎年氾濫していた木曽三川の分流工事を命じられた。工事費用は全額薩摩藩持ち、専門職人は一切雇ってはならない、という弾圧政策であった(幕府は薩摩藩琉球貿易による財力を恐れたという)。平田はこれのすべて責任を負って引き受け、1年3か月で成功させたが、その後死去したという(多額の費用を使ったことから自害の説もある)。

<平田靫負像>

場所:平田公園(鹿児島県鹿児島市平之町6)

竣工:1954年5月

像高:

作者: 安藤士

撮影時:2020年3月22日

説明:この地は、平田の屋敷があったところ。ここ以外に、鹿児島県建設センター(鹿児島市鴨池新町10-1)にも像があるが、時間の関係で撮れなかった。また工事をおこなった岐阜県海津市の平田公園(岐阜県海津市平田町三郷2330)と同じ岐阜県養老郡養老町の大巻薩摩工事役館跡(岐阜県養老郡養老町大巻47)にも平田の像がある。鹿児島の像は、東京渋谷のハチ公像の作者、安藤照の息子、安藤士(あんどうたけし)の作である(ちなみに今のハチ公像は、安藤照ではなく安藤士の像である)。

 

  (岐阜県の平田公園)           (岐阜県の大巻薩摩役館跡)

(同様に岐阜県大巻薩摩役館跡)