銅像ハンターtaguttiの銅像ハンティング記

銅像好きがこじれて10数年。日本中の銅像ハンティングは続きます…

東京 早稲田大学編 その1

大隈重信 (1938<天保9>年~1922<大正11>年)

 ご存知早稲田大学の創設者。肥前国(現佐賀県佐賀市出身。肥前藩士として蘭学を学び、明治時代以降には官僚(大蔵卿など)、政治家(明治14年の政変では下野し立憲改進党を創設、外相<条約改正に尽力したが、テロで片足を失う>、首相<8代、17代>、内相などを歴任)として活躍した。1882年に下野した際、東京専門学校(現早稲田大学)を、柳田藤吉の創った北門義塾の跡地(東京府早稲田)に開設した。ここには大隈の別邸があった。1902年に「早稲田大学」と改称した。 

f:id:tagutti:20190421122212j:plain

大隈重信像>

場所:東京都新宿区西早稲田1-6-1(早稲田大学早稲田キャンパスの住所)

竣工: 1932<昭和7>年10月17日

像高: 298cm

作者: 朝倉文夫

撮影時: 2006年12月17日

説明:有名なこの像は、1932年に早稲田大学の創設50周年と大隈の10回忌と兼ねて造られた。条約改正時のテロで右足を失ってからの姿を模したので、杖をついている。大隈講堂を向くように立てられている。新宿区の指定有形文化財である。その大隈講堂内北側廊下には小野惣次郎が、1907年(大学創立25周年と大隈の数え70歳を記念)に造った大隈の立像がある。この像が本来はガウン姿の現在の大隈像の位置に立っていた。この初代の大隈像は通常は入ることのできない位置にあるが、外から垣間見えるという。

これ以外に、早稲田の各キャンパスに大隈の胸像が立つ。初代の大隈像の塑像原型(レプリカ)が大学の大隈記念室に、初代を模した像が佐賀市の大隈記念館に設置されている。国会議事堂内にも1938年造られたもの(朝倉文夫作)がある。また、1916年に芝公園に衣冠束帯姿の大隈像があった(朝倉文夫作)が、戦時中の金属供出で現存しない。

  

高田早苗  (1860<安政7>年~1938<昭和13>年)

 早稲田大学の初代および3代学長。江戸深川の出身で、東京大学文学部を卒業し、小野梓と知り合って東京専門学校の設立に参加、講師などを歴任し、1907年から総長・学長制を敷くと初代学長(総長は大隈重信)となった。一方で1887~90年までは読売新聞主筆となり、1890年から衆議院議員として6期(立憲改進党)勤め、1915年からは貴族院議員となり、第2次大隈内閣で文相となった。早稲田大学には「高田早苗記念研究図書館」がある。法学博士。 

f:id:tagutti:20190421122322j:plain

高田早苗像>

場所: 東京都新宿区西早稲田1-6-1(7号館前)

竣工: 1932<昭和7>年

像高:

作者: 藤井浩祐(のち浩佑)

撮影時: 2006年12月17日

説明:有名な大隈像の脇の木陰に座っている。作者の藤井は、日本の銅像の経年劣化の色合いが気に入らなかったようで、工夫を重ねたらしい。また台座を垂直に見せるために上方を下方よりも小さくしているらしい。

 

 

◎小野梓  (1852<嘉永5>年~1886<明治19>年)

 「早稲田大学建学の母」と呼ばれ、東京専門学校の創立の中心人物。土佐国(現高知県宿毛市の生まれ。明治維新後政府に出仕、司法省、会計監査員で活躍したが、明治14年の政変で大隈の下野に行動を共にし、立憲改進党の設立に参加した。しかし肺結核を悪化させて死去した。

 f:id:tagutti:20190421122400j:plain

<小野梓像>

場所: 東京都新宿区西早稲田1-6-1(27号館=小野梓記念館)

竣工: 1935年

像高:

作者: 本山白雲

撮影時: 2012年7月30日

説明:小野は1883年に東洋館書店を開業したが、そこの店員だった坂本嘉治馬は小野の死後、その遺志を継いで冨山房を開業した。その坂本が小野の没後50年を記念して、1935年にこの像を造って大学に寄贈した。当初は大隈庭園内に設置されたが、1957年に7号館に小野記念講堂が作られると行動内に移設、2007年に現在地に小野梓記念館(27号館)が建設され、小野梓記念講堂も移転すると像も再び移設された。

 

 

坪内逍遥  (1859<安政6>年~1935<昭和10>年)

 美濃国(現岐阜県美濃加茂市の出身。作家、評論家、劇作家、翻訳家。本名は雄蔵。東京専門学校(現早稲田大学)の文学科設立の中核となった。また日本近代文学の先駆者であり、演劇芸術の発展に貢献した。「早稲田の四尊」(高田早苗坪内逍遥・天野為之・市島謙吉)の一人。1883年から東京専門学校の講師となり、文芸誌「早稲田文学」を創刊した。1928年に坪内の古希(70歳)とシェイクスピア全集の完訳記念に坪内博士記念演劇博物館(5号館)が作られた。正面は入り口でなく、坪内の発案でイギリスエリザベス朝の劇場「フォーチュン座」を模した舞台となっており、その左右に入り口がある。作家としては弟子の二葉亭四迷に劣っており、劇作家や演劇の近代化への寄与の方が大きい。 

f:id:tagutti:20190421122444j:plain

 <坪内逍遥像>

場所: 東京都新宿区西早稲田1-6-1(5号館前=演劇博物館)

竣工: 1962<昭和37>年

像高:

作者: 長谷川栄作

撮影時: 2006年12月17日

説明:この像は演劇博物館の創立70周年を記念して造られた。右手を差し伸べているが、よく見ると磨かれたようになっている。これは坪内像と握手すると「合格する」という噂が広まっているからである。

銅像あるある 番外編 「浦賀の坂本龍馬像」

 

 今回は、「ある」銅像ではなく、「ない」銅像を探索した話を…。

 

 「日本龍馬会」なる団体が、2013年に誕生しました。

 この団体が、横須賀市浦賀愛宕山に高さ20mの「坂本龍馬像」(銅像)を

 立てるべく活動をしているのですが、それから6年がたち、現在どうなって

 いるのかレポートします。

 

 現在、「日本龍馬会」のHPを見ますと、「坂本龍馬像」の建設概要が

 載っています。それによると、2018年11月~2021年11月で立てる計画と

 なっています(数日前に見たときは、2019年3月に立っていることになって

 いたような…)。(https://www.nippon-ryomakai.jp/ryoma.html)

(※今、建設計画書を読むと、「坂本龍馬像および幕末・維新の志士群像」

  の文字が…。銅像ハンターとしては、垂涎のフレーズですね…)

 

 2019年4月4日、京急久里浜駅から浦賀駅行きのバスに乗り、「紺屋町」で

 降り、該当の「愛宕山公園」を目指します。

 

f:id:tagutti:20190406120117j:plain


海岸沿いよりも一本中側の旧道を進むと、右に上記のような「愛宕山公園」の

標柱が現れます。「愛宕山公園」は、1891(明治24)年に創設された横須賀市

一番古い公園で、幕末に活躍した浦賀奉行所の中島三郎助の招魂碑の場所を

公園化したものです。標柱の上には「浦賀園」の看板が…。

階段をひたすら登ると、浦賀の港を一望できる場所があり、中島三郎助の招魂碑、

与謝野晶子・鉄幹夫妻の文学碑、咸臨丸出港の記念碑が立っています。

そこから、トレイ脇の道を南に降りると、舗装路が見えてきますので、左に。

すると、下記のような看板が出てきます。 

f:id:tagutti:20190406120557j:plain

「日本龍馬会」のHPに載るのと同じ絵が描かれています。よく見ると、

何か所か穴が開いていて、この看板ができてからの時間を感じさせます。

看板の先に広くなったところがあり、鉄パイプの骨組みが見えます。

f:id:tagutti:20190406120835j:plain

どうもこの場所が「坂本龍馬像」の建設予定地のようです。写真を見ていただくと

わかるように、浦賀水道を見下ろし、遠くに房総半島も見て取れる、風光明媚な場所

です(訪れたときは、郵便局の配達の人がサボっていました)。

しかし、鉄パイプの骨組み以外、銅像に関する建造物はありません。少しだけ山を

削って平坦化されているくらいでしょうか?道路の反対側には、コンクリート

管とやはりコンクリート製のドブの蓋のようなものが、積み上げられていました。

f:id:tagutti:20190406121241j:plain

九十九折りの坂を下ると、建設事務所らしきプレハブ小屋が一棟。現状では、

銅像建設が進んでいるとは思えませんでした。建設資金の捻出に苦しんでいる

のか、横須賀市との交渉がうまくいっていないのか?わかりませんが、見た感じ

今のところ、計画が頓挫しているような雰囲気です。

まあ、横須賀市坂本龍馬が来たという話はありませんので、ここに銅像の建つ

意味合いは薄いのです(そういっても龍馬に縁もゆかりもない函館にも龍馬像は

ありますので、銅像建設地の意味合いというのは必然ではないですが…)。

会は、浦賀ドッグの跡地にも「歴史公園」を作りたいような感じです(ただ、以前の

HPには京急浦賀駅近くに造ると書いてあった公園のことが、今日見たHPには

なくなり、愛宕山公園を歴史公園化したいような書きっぷりです)。

 

以上、銅像建設に関する報告でした。今後も動きがあるようでしたら、レポートを

挙げたいと思います。

銅像あるある その20

№20 

銅像のある場所(2)

 

 東京の青山霊園護国寺の墓地、多磨霊園、谷中墓地、雑司ヶ谷霊園などの墓所には銅像が居る。多磨霊園青山墓地には比較的多い。天気の良い日ならいいが、薄暗く風が強かったりすると、卒塔婆がカタカタと鳴って不気味な感じとなる。銅像ハンターは、墓参りの人たちからすると怪しい人感が満載である(「日本の銅像探偵団」のヒロ男爵は、霊園の銅像めぐりはしないそうである…)。多磨霊園青山霊園はある程度の情報があるので、すんなりと銅像めぐりができるが、それ以外は出たところ勝負の場合が多い。墓荒らしのようにめぼしい墓を探してウロウロすることとなる。こうした人を胡散臭いと思っているのは人間だけではないようで、一度青山霊園を巡っていたら、やたらにカラスが「カーカー」鳴きだした。と思ったら背後からカラスに頭を足蹴にされたことがある。おそらくカラスの巣の近くをウロウロしていたのだろう。

 銅像の墓を見つけて写真を撮る際には、墓石に一礼するのが、最低の礼儀だと思っている。今のところ、墓めぐりをした後に何か変なことが起こったことはない…。

f:id:tagutti:20190331174651j:plain f:id:tagutti:20190331174734j:plain

青山霊園の小山一真            多磨霊園の藤山雷太

f:id:tagutti:20190331174856j:plain

本門寺の力道山