銅像ハンターtaguttiの銅像ハンティング記

銅像好きがこじれて20年。日本中の銅像ハンティングは続きます…

岩手県編  その1

 今回から岩手県編が始まります。訪れたのは2020年9月。コロナ禍のほとぼりがちょっと緩んだ頃です。例によって訪れた順番なので、若干地域のまとまりを欠きます。悪しからず!

 なお、岩手県銅像探索に関しては、Twitterの「岩手県銅像を探してる赤べこ」さんのところが大変参考になりました。この方はどちらかというと彫刻系の人で、題材よりも彫刻家などのほうに興味があるようですが、通常では見つけられないような”ジモティ”な銅像が多く挙げられています。

 

新渡戸稲造 (1862~1933)

 教育者、思想家、国際連盟の事務次長。陸奥国岩手郡盛岡城下(現岩手県盛岡市)生まれ。盛岡藩の藩主用人の家に生まれた。幼名は稲之助。札幌農学校へ入学し、キリスト教へ入信(内村鑑三は同期)する。卒業後アメリカへ留学、妻となるメアリー・エルキントンと出会う。札幌農学校助教授となり、ドイツへ留学時に農業経済学で博士号を得る。帰国後農学校教授となり、『武士道』を書きあげた。後藤新平に請われて台湾における糖業発展の基礎を築く(台湾糖業博物館には新渡戸の胸像があるという)。帰国後京都帝国大学教授、東京帝国大学教授、第一高校校長などを歴任した。1920年国際連盟が発足すると事務次長に選ばれた。1984年には5000円札となった(2007年発行停止)。 

f:id:tagutti:20210718115421j:plain

新渡戸稲造像>

場所:JR盛岡駅東口滝の広場(岩手県盛岡市駅前通1)

竣工: 2012年10月

像高:

作者: 許文龍

撮影時:2020年9月19日

説明:盛岡市内は新渡戸稲造銅像が多く、盛岡中央高校附属中学校(盛岡市みたけ4-26:下記写真)や市役所脇の与の字橋、生誕地、盛岡市先人記念館(この3つは後述)とある。花巻市にも新渡戸稲造記念館があり、そこにも銅像がある(これも後述)。また新渡戸家の出身地である青森県十和田市に新渡戸記念館(青森県十和田市東三番町24-1)、勉学にいそしんだ北海道大学農学部札幌農学校の後進)、多磨霊園墓所東京都府中市多磨町4丁目:7区1種5側11番)、新渡戸文化学園(中野区本町6-38-1)にも銅像がある。

f:id:tagutti:20210718115453j:plain

 (下は多磨霊園のもの)

f:id:tagutti:20210718120652j:plain

 

〇柳村兼吉 (?~?)

 政治家。昭和戦後期の滝沢村村長。岩手山麓の開墾に尽力し、滝沢地域の耕地拡大を成し遂げた人らしい。 

f:id:tagutti:20210718115541j:plain

<柳村兼吉像>

場所:岩手山麓土地改良区(岩手県滝沢市巣子990-9)

竣工: 1968年7月(現在地には1972年10月移設か?)

像高:

作者: 吉川保正

撮影時:2020年9月19日

説明:国道4号線と国道282号線が分岐するところにある(信号名は「分かれ」)。4号線沿いだが、木々が茂って全く見えない。分岐を282号線側に行き、最初の信号を右折し、すぐ左に折れて(おそらくこの道は国道の旧道。しばらく行くと行きどまりとなる)パチンコ屋の先の右側の丘の上に銅像が見えてくる。

  

石川啄木 (1886~1912)

 歌人、詩人。本名石川一。岩手県岩手郡日戸村(現盛岡市日戸)生まれ。生まれた翌年に父が渋民村の宝徳寺住職となり、一家が渋民村に移住した。盛岡尋常中学校(盛岡中学校)に入学し、金田一京助などと知り合い、文学の志を抱き、短歌の投稿などをする。一方で学校での素行が悪く、中学を退学する。その後上京し、雑誌「明星」に投稿、やがて啄木のペンネームで注目を集め始める。困窮のなか、函館や盛岡などを転々としながら、短歌、詩、小説などを発表する。小樽、札幌、釧路を転々とした後、再び上京、東京で結核で死去した。 

f:id:tagutti:20210718115622j:plain

石川啄木像>

場所:石川啄木記念館(岩手県盛岡市渋民9)

竣工: 1996年

像高:

作者: 中村晋也

撮影時:2020年9月19日

説明:記念館は1970年に開館。像は啄木がこの地で代用教員をしていた時の姿を模したもの。前庭にある(無料で入ることができる)。敷地からは岩手山が真正面に見えた。 

f:id:tagutti:20210718115716j:plain

 

園井恵子 (1913~1945)

 女優。岩手県岩手郡松尾村(現岩手県八幡平市)生まれ。本名袴田トミ。小樽高等女学校を中退し、宝塚音楽歌劇学校に入学、当初芸名は「笠縫清乃」だったが、すぐに「園井恵子」と改めた。宝塚歌劇団では名バイプレイヤーとして名をはせた。その後舞台女優へと転身、宝塚を退団する。しかし太平洋戦争が激化し、通常の公演ができない中、属していた「苦楽座」の丸山定夫から新しい劇団(「さくら隊」)での地方慰問を持ち掛けられ、1945年広島を訪れた。8月6日広島への原爆が投下され被爆し、8月21日に亡くなった。 

f:id:tagutti:20210718115841j:plain

 <園井恵子像>

場所:岩手県働く婦人の家(岩手県岩手郡岩手町大字川口第12地割10)

竣工: 1996年8月

像高:

作者: 加藤豊

撮影時:2020年9月19日

説明:国道4号線から外れて県道157号線を進み、しばらくして左側に立つ。丸山定夫の劇団が広島で被爆したことは知っていたが、当たり前だが団員がいて同じように被爆したのだ。銅像を見るとわかるが、きれいな人だったんですね。

 

田中館愛橘(たなかだてあいきつ) (1856~1952)

 地球物理学者。東京帝国大学名誉教授。陸奥国二戸郡福岡(現岩手県二戸市)生まれ。南部藩の武士の家柄。曾祖母は相馬大作の姉だった。維新後上京し、慶應義塾、東京開成学校を経て、東京大学理学本科へ入学、物理学を学んだ。その後東京帝国大学教授となり、地震研究、地磁気の測定から航空力学へと研究を進めた。また日本でのメートル法やローマ字の普及に努めるなど活躍した。

f:id:tagutti:20210718115940j:plain

 <田中館愛橘像>

場所:二戸市シビックセンター(岩手県二戸市石切所荷渡6-2)

竣工: 2016年5月

像高:

作者: 田中史郎

撮影時:2020年9月19日

説明:象が両手を広げている意味がよくわからなかった(ネット上で見れる写真にそうしたものはない)。調べている最中に、近くの福岡中学校(岩手県二戸市福岡下川又2-1)の校門右側に愛橘胸像があることを見つけてしまった…。

 

相馬大作 (1789~1822)

 南部藩の浪人。本名下斗米秀之進将真(まさざね)。父は南部藩士。15歳で上京して武道を学び、帰郷後、福岡(現二戸市)に兵聖閣という道場を開き、兵法と砲術を指南する。江戸当初から対立していた南部藩津軽藩の問題で、1808年に津軽藩の家格が上がったが、大作はこれを不正のなせる業と憤激し、1821年津軽寧親の参勤交代帰郷を狙って襲撃を企てたが、情報が漏洩して失敗に終わった(相馬大作事件)。大作は江戸に隠れるも翌年捕えられ処刑された。その後江戸から「赤穂事件の再来」と騒ぎ立てられ、一躍有名となった。 

f:id:tagutti:20210718120020j:plain

 <相馬大作像>

場所:相馬大作演武館跡地(岩手県二戸市金田一字上平)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2020年9月19日

説明:石像である。大変分かりにくいところにある。とりあえず四戸城(金田一城)址を目指して国道4号線を左折するが(盛岡方面から来た場合)、いわて銀河鉄道の踏切を渡って最初の角を左折し、しばらく行くと右側に小さく「相馬大作演武館跡地」の看板があるので、その路地を右折する。畑の中を上がっていくと右に曲がる農道が見えるので(道がまっすぐ山のほうに進む道)、それを上がっていくと広場があり、その奥に像が立つ。像の周りや車を止めた辺りで、大きな栗の実をたくさん拾った。

 

〇三船久蔵 (1883~1965)

 柔道家岩手県九戸郡久慈町(現岩手県久慈市)生まれ。仙台二中で柔道に出会い、旧制第二高校(現東北大学)に通い詰める。1903年に上京して講道館に入門、早稲田予科、慶応大学理財科に入学する。球車、大車、踵返などの新技を発明したが、その最たるものが隅落(別名空気投)。その後多くの学校で後進の指導にあたった。 

f:id:tagutti:20210718120121j:plain

<三船久蔵像>

場所:三船十段記念館(岩手県久慈市川貫第5地割20-230)

竣工:

像高:

作者: 阿部正基

撮影時:2020年9月19日

説明:記念館内にも胸像(五辻勉作)があるが、時間の関係で入ることができなかった。

熊本県編  その10

〇高橋守雄 (1883~1957)

 内務官僚、警視総監。熊本県上益城郡浜町(現山都町)生まれ。東京帝国大学卒業後、内務省に入り、石川県・岐阜県新潟県の県警察部長を歴任、1922年に熊本市長となる。ここで市の近代化を推進(上水道、市電整備など)。その後は滋賀県・長野県・兵庫県知事を歴任し、1934年に警視総監となる。退官後、故郷で熊本短期大学のちの熊本商科大学の初代学長となった(現熊本学園大学)。 

f:id:tagutti:20210711151153j:plain

<高橋守雄像>

場所:高橋公園(熊本県中央区千葉城町1)

竣工: 1973年5月

像高:

作者:

撮影時:2018年2月4日

説明:市役所の旧正面玄関が移設され(1993年)、その中に像が収められている。高橋公園は、熊本城内の旧第六師団跡地であり、1972年に公園化された。銅像は翌年に熊本信用金庫(旧熊本信用組合)の50周年記念に作られたが、これは高橋守雄が市長時代に熊本信用組合を設立したため。

 

林桜園(はやしおうえん) (1798~1870)

 幕末の思想家、国学者、教育者。肥後国熊本城下山崎町(現熊本市)生まれ。当初時習館に学んだが、その後国学者長瀬真幸(本居宣長の高弟)に師事し、1837年に千葉城高屋敷(現千葉城公園)に私塾原道館を開いた。門人に横井小楠宮部鼎蔵吉田松陰大村益次郎島義勇真木保臣河上彦斎・太田黒伴雄らがいる。 

f:id:tagutti:20210711151304j:plain

林桜園像>

場所:千葉城公園(熊本県熊本市千葉城町2-7)

竣工: 1980年12月

像高:

作者:

撮影時:2018年2月4日

説明:レリーフ像。かなりの大男で松本清張ばりに下唇が張り出していたらしい。生涯独身で、晩年は太田黒伴雄のところにおり、そこで亡くなった。墓所桜山神社

  

夏目漱石  

 略 

f:id:tagutti:20210711151359j:plain

夏目漱石像>

場所:上熊本駅前(熊本県熊本市西区上熊本町1-10)

竣工: 1996年11月

像高:

作者:

撮影時:2018年2月4日

説明:漱石が旧制第五高等学校(現熊本大学)に赴任した際、ここ上熊本駅(当時は池田停車場)に降り立ち、4年3ヶ月にわたって熊本で過ごした。漱石来熊本100周年で立てられたらしい(1996年に「くまもと漱石博」が開かれた)。1913年に建てられたモダンな上熊本駅舎は、2006年九州新幹線・在来線高架化工事に伴い、熊本市電上熊本電停の上屋として移築されている(写真では背後に写り込んでいる)。近くの商店街では、この像にスーツを着せたり、和服を着せたりして、「まちおこし」をおこなっているという。

 

〇三毛子 (?~?)

夏目漱石の『吾輩は猫である』に登場する「吾輩のマドンナ」。女学校らしく(?)、分厚い本を背筋を伸ばして読んでいる。 

f:id:tagutti:20210711151515j:plain

 <三毛子像>

場所:熊本信愛女学院中学校・高等学校(熊本県熊本市中央区上林町3-18)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2018年2月4日

説明:このあたりは「わが輩通り」と名付けられ、ネコの彫刻モニュメントガある。その一つである。大理石像。事前取材が不足していたが、ほかに「車屋の黒」(ミハナタクシー:熊本市西区上熊本3-1-39)の大理石像、磐根橋バス停(熊本市中央区千葉城町4-3)の「吾輩は猫でR(アール)」のオブジェ(大理石像)。この地は「私立熊本医学校」(現熊本大学医学部)の創立地でもある。

  

〇メール=フランソワズ=デュ=ボルジア (1857~?)

 フランス人のシスター。熊本信愛女学院の創設者。1900年に設立(当時はシスターメール・ボルジア玫瑰女学校)。ここは「ショファイユの幼きイエズス会修道会」によって作られた学校で、1877年にプティジャン司教の要請で来日した4名のシスターの一人。それぞれが日本各地にキリスト教系の学校を設立した。

f:id:tagutti:20210711151612j:plain

<メール=フランソワズ=デュ=ボルジア像>

場所: 熊本信愛女学院中学校・高等学校(熊本県熊本市中央区上林町3-18)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2018年2月4日

説明:道路から見えるが、女子高なので校内に入らず道路から撮影させてもらった。画面を見ると雪が散っている。

  

〇洗馬山のタヌキ 

 童謡「あんたがさどこさ~」に登場するタヌキ。童歌のなかの手毬歌の一つ。正式名称は「肥後手まり唄」。

f:id:tagutti:20210711151713j:plain

<洗馬山のタヌキ像>

場所:「洗馬橋」電停前(熊本県熊本市中央区新町2-3-7)

竣工: 1992年2月

像高:

作者:

撮影時:2018年2月4日

説明:Wikipediaを見ると、この歌は熊本の歌ではない、との説が紹介されている。根拠は、「船場(仙波)山」が熊本にないこと(船場川はある。なぜか電停は「洗馬橋」)、歌詞が標準語であることなど。ただし「ブラタモリ」では、堀の土を盛った土塁を「せんば山」との説を上げているそうだ。ではどこ?というと、武蔵国川越藩(現埼玉県川越市)。

 

さて、これで熊本編は終了となるが、熊本県は未撮影の像がたくさんある。

熊本市

〇佐々布遠(さそうとおし)(熊本中央高校:熊本市中央区内坪井町4-8)→工事中で撮れず。かつては道路に面して立っていたが、工事で校内に移築された模様。

〇谷村圭介(熊本城内:熊本市中央区本丸1-1)→熊本地震で熊本城が被害を受け、修築中で入れず。

〇本山慈暎(本山運送:熊本市西区二本木2-4-28)→本社ビル内にあるようだが、訪れた日が日曜日で入れず。

〇古閑功?(慶誠高校)→Googleのstreetviewでは校門入ってすぐの校内に見えるが、誰だかわからず。とりあえず創設者名で書いておきます。

〇?(尚絅大学九品寺キャンパス)→Googleのstreetviewで校内にうっすら見えているが、女子大なので訪問せず。

〇高橋守雄(熊本学園大学)→校門を入って正面の研究棟の手前右側にある。今回は訪問せず。

〇小島嘉七郎・川上哲治・吉原正喜(熊本工業高校)→いずれも校内にあり、小島嘉七郎像は熊工会館前に、川上・吉原像(石像)は、野球部のグラウンドバックネット前にある。校内なのでお邪魔しなかった。

〇井上光昭(熊本光洋台病院)→高岡の銅像などの製作会社「四津井工房」のHPに載る実績に「医療法人井上会 井上光昭」像とあることが根拠だが、どこにあるのかは不明である。

横井小楠・高木第四郎(横井小楠記念館)→熊本地震で被災したため、入ることができなかった。

 

※マンガ『ONEPIECE』の「麦わら一味像」→設置は2020年9月~のため、撮影できず。作者の尾田栄一郎熊本市の出身であり、熊本地震の復興プロジェクトとして立てられている。

  ①ルフィ(熊本県庁前イチョウ並木:熊本市中央区水前寺6-18-1)

  ②チョッパー(熊本動植物園正面ゲート:熊本市東区健軍5-14-2)

  ③サンジ(益城町益城町交流情報センターミナテラス陸上競技場そば:熊本県上益城郡益城町木山236)

  ④ブルック(御船町ふれあい広場:熊本県上益城郡御船町木倉1253)

  ⑤ゾロ(大津町大津中央公園:熊本県菊池郡大津町大津1156-3)まだ設置されていません。

  ⑥ナミ(西原村俵山交流館萌の里:熊本県阿蘇郡西原村小森2115-3)

  ⑦ロビン(南阿蘇村旧東海大学阿蘇校舎:熊本県阿蘇郡阿蘇村河陽5435)まだ設置されていません。

  ⑧ウソップ(阿蘇市阿蘇駅前:熊本県阿蘇市黒川)

  ⑨フランキー(高森町高森駅前:熊本県阿蘇郡高森町高森)

 

熊本市内以外>

玉名市金栗四三(玉名高校:熊本県玉名市中1853)→校内にあることはわかっていたが、平日に訪問したため撮影せず。

大津町…不知火光右衛門(不知火光右衛門の墓:熊本県菊池郡大津町下町343)→熊本県探索後の再調査中に判明した銅像。堂内にあり、脇には巨大な張りぼても鎮座する。

阿蘇市夏目漱石(内牧温泉山王閣:熊本県阿蘇市内牧482)→訪問時は、雪の心配と遠かったために訪問を断念。像は旅館内の庭園にいる。右手で頭を支える胸像。

〇小国町…北里柴三郎北里柴三郎記念館:熊本県阿蘇郡小国町北里3199)…訪問時は、雪の心配と遠かったために断念。ここは北里柴三郎の生家。館内の右側、敷地内に立つ。

〇小国町…河津寅雄(小国町役場:熊本県阿蘇郡小国町宮原1567-1)→訪問時は、雪の心配と遠かったために断念。Googleのstreetviewだと、庁舎が新しくなっており、像が見当たらない。立像なのだがいかに?

〇南阿蘇村…宮川宗徳(下田西野宮神社熊本県阿蘇郡阿蘇村河陽606)→2019年12月設置の新しい像。

〇御船町…出田憲二(平成音楽大学熊本県上益城郡御船町滝川1658)→キャンパス施設内にあるようなので断念。ネット上の写真だとメガネ付きと無しがあるが、どちらだろう?

人吉市川上哲治川上哲治記念球場:熊本県人吉市蟹作町1531-1)→球場の建物正面玄関を入ると川上哲治コーナーがあり、そこにいる。

天草市楊貴妃(龍洞山みどりの村:熊本県天草市新和町小宮地1131-2)→2006年に地域の言い伝えにより立てた。不便な山中にあったため、訪問時は断念。

天草市…ルドルコ=ガルニエ神父(大江天主堂:熊本県天草市大江1782)→世界遺産の天主堂敷地内に立つ。訪問時は時間の関係で断念。

天草市天草四郎時貞天草市立天草キリシタン館:熊本県天草市船之尾町19-52)→館内で撮影できず。

熊本県編  その9

おてもやん 

 熊本民謡の代表格。曲自体は、全国の花柳界で歌われていた戯れ歌だったが、熊本で土地の言葉の歌詞となり(永田イネが作った)、当初「熊本甚句」と呼ばれたものが、歌いだしの言葉から「おてもやん」となった。「やん」は「〇〇さん」の「さん」にあたる言葉。 

f:id:tagutti:20210704113028j:plain

 <おてもやん像>

場所:熊本駅西口(熊本県熊本市西区春日3-24-20)

竣工: 1985年

像高:

作者:

撮影時:2018年2月4日

説明:「おてもやんあんたこの頃嫁入りしたでないかいな~」で始まる。「おてもやん」は、「富永チモ」という実在のモデルがいるらしい。彼女と知り合いであった永田イネが、1935年に作詞・作曲・振付をしたという。この像は、設立当初は、熊本交通センターにあったが、2015年8月に現在地に移設された。

 

〇永田イネ    (1865~1938)

 芸妓、三味線・小唄の師匠、芸人。熊本県熊本市生まれ。実家は「麹屋」という、熊本藩御用達の味噌醤油製造業で、母の希望で芸道に入ったという。18歳の時に、師匠の名を継いで「亀甲屋嵐亀之助」を名乗り、一座を率いて全国興行をしていた。後年、熊本で三味線・小唄の師匠をした。 

f:id:tagutti:20210704113120j:plain

<永田イネ像>

場所:細工町ポケットパーク(熊本県中央区細工町5-25)

竣工: 2007年

像高:

作者:

撮影時:2018年2月4日

説明:この像は、「永田イネとおてもやん像を建てる募金」によって作られた。向かって右側の、坐って三味線を弾いてるのが永田イネである。弟子の指導は厳しかったそうだが、像にはそんな様子が見て取れる。 

 

加藤清正

略 

f:id:tagutti:20210704113238j:plain

 <加藤清正像>

場所:熊本市民会館三角公園熊本県中央区花畑町2-15

竣工: 1979年3月

像高:

作者: 高藤鎮夫

撮影時:2018年2月4日

説明:名古屋の妙行寺名古屋能楽堂にある像と瓜二つの像(同じ作者)で、桔梗紋の具足、蛇の目紋の桶側胴、陣羽織、長烏帽子の姿で采配を持つ。 

f:id:tagutti:20210704113322j:plain

 

〇林市蔵 (1867~1952)

 内務官僚、銀行家。肥後国熊本生まれ。東京帝国大学をでて、内務官僚として活躍、三重県知事、山口県知事、大阪府知事を歴任した。その間東洋拓殖株式会社理事なども務め、退官後は、日本信託銀行頭取、九州電気会長などをも務めた。大阪府知事時代には、民生委員の形を整えたりした。 

f:id:tagutti:20210704113410j:plain

<林市蔵像>

場所:熊本市民会館三角公園熊本県中央区花畑町2-15)

竣工:

像高:

作者:

撮影時:2018年2月4日

説明:西日本新聞の記事によると、2019年5月に建て替えられたとあるが、写真を比較すると、銅像を磨き直してきれいにし、台座の文を作り直して、向かって右に「隣人愛」の碑文を新設した模様。 

 

谷干城 (1837~1911)

 武士、陸軍軍人、政治家。土佐国高岡郡窪川(現高知県高岡郡四万十町)生まれ。当初尊王攘夷論者だったが、坂本龍馬後藤象二郎と交わるうちに、開国・倒幕論者となった。廃藩置県後に陸軍少将となり、熊本鎮台司令長官となった。1877年の西南戦争の折には、鎮台のあった熊本城を死守し、政府の勝利に貢献した。1885年に内閣制度が発足すると、農商務大臣として入閣。井上馨外相の条約改正問題では、反対の立場を取り、条約改正は失敗に終わる。その後貴族院議員として活躍した。 

f:id:tagutti:20210704113502j:plain

 <谷干城像>

場所:高橋公園(熊本県熊本市中央区千葉城町1)

竣工: 1969年(1937年に西南戦争60年で立てられた像は、金属供出されたが、同じ鋳型で再興された)

像高:

作者: 朝倉文夫

撮影時: 2018年2月4日

説明:熊本城内の天守閣南側にあったが、2008年の熊本城本丸御殿の復元により、高橋公園に移設された。

 

〇維新をめぐる群像  

 いずれも横井小楠と関係の深い面々を並べたもの。 

f:id:tagutti:20210704113553j:plain

f:id:tagutti:20210704113638j:plain

<維新をめぐる群像>

場所:高橋公園(熊本県中央区千葉城町1)

竣工: 2000年4月

像高:

作者:石原昌一

撮影時:

説明:作られたのは、横井小楠坂本龍馬勝海舟松平慶永(春嶽)、細川護久(1839~1893:熊本藩の最後の藩主)の5名で、台座には竹崎律次郎(1812~1877:教育者)、内藤泰吉(1828~1911:医者)、嘉悦氏房(1834~1908:実業家)、徳冨一敬(1822~1914:官僚、教育者。徳冨蘇峰・蘆花の父)、長野 濬平(1823~1897:実業家)山田武甫(1832~1893:政治家・養蚕家)のレリーフ像(いずれも小楠の高弟)が並べられている。

f:id:tagutti:20210704113736j:plain

(群像の向かって左側。坂本龍馬勝海舟

f:id:tagutti:20210704113830j:plain

(センターの横井小楠

f:id:tagutti:20210704113910j:plain

(向かって右側の松平慶永細川護久

f:id:tagutti:20210704114012j:plain f:id:tagutti:20210704114116j:plain

   (竹崎律次郎)        (内藤泰吉)

f:id:tagutti:20210704114227j:plain f:id:tagutti:20210704114306j:plain

   (嘉悦氏房)         (徳冨一敬)

f:id:tagutti:20210704114408j:plain f:id:tagutti:20210704114446j:plain

   (長野 濬平)         (山田武甫)